【たよまなカフェ1月】体験学習で学校を変える ―きのくに子どもの村学園の挑戦―

「たよまなカフェ」開催のご案内です。
【たよまなカフェ】は、”多様な学び”について、さまざまな話題、関心、現場などをめぐって対話し学び合う機会です。参加希望者はどなたでもご参加いただけます。


今月のテーマ:
「体験学習で学校を変える ―きのくに子どもの村学園の挑戦―」

講演者:堀 真一郎(ほり しんいちろう)さん (学校法人きのくに子どもの村学園 学園長)

子どもの村は、ないないづくしの変わった学園

 きのくに子どもの村は。30年前に最初の小学校が産声を上げた私立学校です。現在は日本の5つの県に小中各1校、和歌山には高等部(高等専修学校)があります。この学園には、どの学校にもあるものが見当たりません。それも一つや二つではないのです。

  1. 学年別のクラスがない。どのクラスも完全縦割り学級。
  2. 時間割に国語、理科、算数なども教科の名前がない。あるのは、「プロジェクト」、「かず」と「ことば」、自由選択、そして「個別学習」。
  3. 「先生」と呼ばれる人がいない。大人は「○○さん(ちゃん)」と呼ばれたり、ニックネ―ムで呼ばれたりしている。
  4. 試験やテストがない。宿題もない。
  5. 年齢別、経験別、就業年月別などの給料がない。専任職員は基本給がみな同じです。
  6. 大人が決めた「校則」がない。みんなで話し合って決めた「約束」があります。
  7. 食事の時は、黙りこくって食べたりしない。楽しく会話をしながら食べましょう。
  8. そのほか、制服がない、校長室がない、チャイムがない、中学校で普通の受験指導をしない、などなど。

こんなに変わったヘンな学校なのに、中学校の卒業生たちは、進学した高校では目茶苦茶にいい成績をとっています。
こんな学校が、なぜ、どのようにして誕生したのでしょう。皆さんと考えてみませんか。

■日時:
2022年1月24日(月)19:30~21:00(受付開始 19:25~  )

■プログラム(予定):
・19:30-20:30
 〈講演〉体験学習で学校を変える ―きのくに子どもの村学園の挑戦―
     講演者:堀 真一郎さん

・20:30-21:00<全体質疑>

■会場:
オンライン(Zoom)※Peatix上でお申込みいただき「イベントに参加」ボタンをクリックいただければ視聴ページのURLにアクセスできます。

■参加費:¥1,000.-
いずれも同じ金額ですが、3種類の方法で受付けます

  • 一般参加費
  • 新規入会:主催団体「多様な学び保障法を実現する会」の会員になり、参加費を年会費としてお支払い
  • 会員:すでに会員で、年会費としてお支払い(今回のイベントに不参加でも、年会費の納入が可能です)

※年会費をお支払いいただくことで「たよまなカフェ」や「多様な学び実践研究フォーラム」に割引価格(無料~)でご参加いただけます。

※登壇者、プログラム内容等が一部変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。

割引コードについて

すでに年会費を納入された「多様な学び保障法を実現する会」の会員には、別途E-メールで「割引コード」をお送りしています。
[割引コードの使い方]
①「チケットを選択」で、「会員:すでに会員で~」の人数を「1」に
②下段の「割引コードを入力」の緑色の文字をクリックして、割引コードを入力すると「¥1,000無料」と表示されます。
(「支払い方法を選択」にクレジットカードにチェックがありますが、お支払いはありません)
③「ログインへ進む」または「次に進む」を選択して、次の画面へお進みください。
※2021年1月25日以降に年会費を納入された会員の方で、「割引コード」がお手元に届いていない場合は、恐れ入りますが、納入時期と納入方法を添えて、下記事務局までご連絡ください。


■お申し込みはPeatixサイトでどうぞ

https://tayomana20220124.peatix.com/

■お問い合わせ:
多様な学び保障法を実現する会
https://aejapan.org/wp/contact/

カテゴリー: たよまなカフェ パーマリンク

コメントは停止中です。